【第3期】一次審査通過作品|TOKYOガイドガールズ|TECHNO ART & TOKYO

【第3期】一次審査通過作品

この度はillustoration&TOKYO CONTESTに多数のご応募ありがとうございました。 非常にクオリティの高いイラストが多く皆さまの熱い想いを感じました。
2017年7月3日(月)から2017年9月30日(土)まで募集しておりました第3期の一次選考結果を発表させていただきます。

第3期募集区:文京区
本郷雪乃 部門

  • 広島県:akpさん

    広島県akpさん

    本郷雪乃さんは、キャラ設定を元に名前の「雪」から寒色をベースにしました。 バスガイドの服装は、文京区の紋章、シンボルマークのデザインや色を参考に自然豊かで落ち着いた文京区の自然を取り入れ、デザインいたしました。
  • 東京都:りんこ。さん

    東京都りんこ。さん

    文京区の木はイチョウなので、装飾や服の模様にあしらい、高級感が感じられるデザインにしています。多くの文豪にゆかりのある地なので、知性が感じられる瞳を強く意識いたしました。

審査員からのコメント

全ての作品がデザイン、デッサンそしてキャラクター性をしっかりと守りながら、技術的にも高レベルで仕上げていらっしゃいますので、その中から選ぶのはとても苦労しました。いずれも甲乙つけがたい中、akpさんとりんこ。さんを選ばせて頂きました。

akpさんには親しみを感じるガイドさんらしい姿が素直に表現されてます。顔も可愛くて優しそうで服装・ポーズと表情もとても良い感じです。衣装の細かいしわまでよく描き込んで立体感が上手に出せています。首辺りの可愛いリボンとスカートのフリルで更に可愛く見えてます。りんこ。さんは大人っぽく他の区と差別化がよく表現されています。服装、メガネと胸のアクセサリがとてもお洒落で色気があるガイドさんに仕上がってます。スカートの横にある模様・色彩と色のつけ方なども立体的に見せてるところも惹かれました。

今回選んだ作品以外の作品もとても魅力的で捨てがたく審査するのに悩んで大変難しかったです。
/マントリ・マノジュ

第3期募集区:中野区
中野友梨 部門

  • 広島県:shoさん

    広島県shoさん

    バスガイド衣装に少しメイド服を合わせたデザインにしました。(中野友梨が自分でアレンジしたというイメージです)中野ブロードウェイの入り口のイメージから赤色系のカラーにしました。 髪型は天然な性格をイメージしたゆるふわなものにし、三つ編みは様々なジャンルのお店が混ざりイメージ作られた中野ブロードウェイを表現しています。オタクの街としても有名なためオタクをイメージした缶バッヂや「にゃかのくん」人形ストラップ(中野区+猫のキャラ)を身につけています。にゃかのくん人形は中野友梨がはまっており集めているというイメージです。中野区の花とされるツツジを髪飾りにしました。
  • 埼玉県:川野辺さん

    埼玉県川野辺さん

    サブカルの聖地である中野区のイメージを全身で表現しました。最近のサブカルファッションを参考にし、カラーはパステル系です。メイド喫茶でバイトをする彼女なら、ポーズと表情はこうかな〜と思ったものを描きました。

審査員からのコメント

それぞれのキャラクターの性格・形そしてイメージが一致して決まってる設定の通りできてるか かどうかを考えて、悩みながら厳しい審査となりました。全体的に技術が高く、どの作品も捨てがたいですが、最終的にshoさんと川野辺さんを選ばせていただきました。

中野の最近のイメージはアニメ・マンガそしてフィギュアを売ってる街に変貌しつつあり、今のイメージに相応しいガイドさんはやはりshoさんと川野辺さんのようにはじけた感じが良いと思いました。shoさんは親しみも感じながら全体のデッサンも含めてキャラクターとしてのバランスも良く取れて、固定した表情だけではなくアニメ風にいろんな表情を考えてるところに惹かれました。スカートにつけているピンバッジ・ストラップの小物もアニメ・マンガの街そのものを表現していてよかったです。川野辺さんの服装もガイドさんらしいのですが、弾けるようなポーズが元気良く明るく親しみやすいイメージで色合いも優しくアニメ・マンガの町として世界に売り出していく中野のガイドさんに相応しいと思いました。
/マントリ・マノジュ

第3期募集区:板橋区
高島ゆかり 部門

  • 埼玉県:川野辺さん

    埼玉県川野辺さん

    緑と文化の町ということで、落ち着いたベージュのワンピースに緑系の小物をあわせました。帽子のコサージュは板橋区の花ニリンソウです。髪飾りはギザギザ模様のバレッタで、本人は新撰組みたいだと気に入っています。ゆっくりした言葉遣いやおっとりとした動作が想像できるように描きました。
  • 東京都:砂糖の麦茶さん

    東京都砂糖の麦茶さん

    キャラそのものは、新撰組好きのおっとりさんということで全体的に柔らかな表情にしました。また、緑と文化の街という区の基本構想に加え、下町や大きな商店街などがあることからレトロなガイド服と商店街と意識した旗にしてみました。また、区の花である二輪草を胸元にあしらいました。

審査員からのコメント

非常に難しいキャラクターと感じました。どの作品もキャラクター設定を膨らませて描いていただいたのですが、残念ながらキャラクター設定に引っ張られ、新撰組の特色が表れるばかりで板橋区の特徴が薄い作品が多く見受けられました。その中でも、板橋区の基本構想をキャラクターに取り込み、新撰組が好きという設定も盛り込んだこの二点を選ばせていただきました。
/事務局

TOKYOガイドガールズ|ページトップへ